プラセンタ 副作用

MENU

プラセンタの副作用 | サプリメント接種前に確認しましょう

プラセンタの副作用

サプリメントを初めて飲む際に気になるのが「副作用」作用です。
医療でも用いられているプラセンタには基本的に副作用はないと言われています。

 

プラセンタの作用は身体が本来持っている機能を利用することで症状を改善させるという働きです。
プラセンタが直接的に作用するというよりは、身体の治癒力を高めることによって、様々な症状を緩和すると考えられています。

 

自然に存在する生薬であるプラセンタは、副作用も少ないと考えられ、更年期障害などの婦人科の疾患だけでなく、内科、皮膚科、外科、神経科、耳鼻科、アレルギー科m歯科など、多くの医療分野で利用されています。

 

全ての人に副作用が全くゼロとは言えませんが、重篤な問題になるような副作用はないと言ってもいいでしょう。

 

サプリメントにおいては、医療用ではなく「健康補助食品」なので、副作用の心配はありません。
他のサプリメントとの飲み合わせても問題はありません。

 

ただし、稀に体の中に溜まっていた毒素が表に出てくることでかゆみや湿疹が起こる場合があります。
個人差がありますが、10日程度で治まると思われますが、気になる場合は、飲む量・回数を減らして様子をみるのがおすすめです。
また、胃弱体質の方の中には、胃が荒れるという方も稀にいるようです。
1人1人の体質は異なりますので、どうしても心配な方は、かかりつけのドクターにご相談するのがおすすめです。

 


プラセンタの副作用 | サプリメント接種前に確認しましょう関連ページ

プラセンタが「若返り」のサプリと言われる所以
プラセンタの効果